2016-06-08
生きる力を与えるトリートメント
0
0

デイサービスにて

「もういつ死んだっていい。」

「誰のために生きてるわけじゃない。」

若いころはそんな風に思ったことがなくても高齢になれば、時折そんな風に考えて当たり前だ。

とあるご利用者様から

「せんせいに。こうして足やってもらうとね。足、軽くなるしね…。」

一瞬だけかも知れない。

でも、生きる力が湧いたんだ。

「また来週きますので。指の運動してくださいね」

笑顔と笑顔。

短期記憶はすぐに粉々に消え去るかもしれない。

いや、でも。

私は「偏桃体が活性化するんだ説」を信じている。

でも、ここに来てくださる間はやり続ける。

どんな介護度においても

予防的スキンケアは有効です。

 

 お問い合わせはコチラから

0
0