2016-07-01
ユマニチュードのエッセンスをトリートメントにいかしていく
0
0

介護の会社にいたころ、たくさんの認知症の患者様に対するケアについての

考え方や方法があることを知った。

認知症緩和理念

パーソンセンタードケア

バリテーションなど…。

 

最近 いいね!と思っているのは

「ユマニチュード」というフランス発祥のケア方法の理念とその方法である。

「ユマニチュード」の基本柱は

「見る」「話しかける」「触れる」「立つ」

この行動により、認知症を患っている方との信頼関係を深める。

信頼関係が深まり安心感も増せば、喧嘩腰なケアもしなくて済むというわけだ。

このユマニチュードの動画を見た時

「あたし、ケアセラピストトリートメントでこれやってるなぁ~」と

感じます。

いろいろ細かいフランス流のメソッドがあって講習もあるようだけれど。

「ユマニチュード」でも、「触れる」を大事にする。

「触れる」はどんな時も外せない。

優しく触れる。

優しく…。

それは、ケアの基本ですね。

ユマニチュードって今はやってますけど、ケアする側が忘れてしまっていただけかもしれません。

「魔法のケア」とか言わんといて。

ケアする側もケアされたい。癒されたいと思っている現場が多い中、カタチだけまねしても…本当に効果があるのかな?

自問自答が繰り返される。

自分が満たされて、愛にあふれ、自己肯定感をしっかりもたなければ、人を安心させるケアはできないのでは??

そんな日々でございます。

だからやめられないのですね!(^^)!

 

ケアセラピストトリートメントは

「こころのケア」とさくっうたっている。

「こころのケア」ってなんだろう。

単に優しさの押し売りではない。

哀れみでも、共感でもない。

傾聴でもない…。

なんだろうね。ほんとに。

ケアセラピストのトリートメントはテキストとDVDがあるので

誰でも手技は覚えられる。

でも、ケアセラピストトリートメントを使って誰でも

「こころのケア」ができるるかと言えば、それはとても難しい。

テゴコロのケアセラピストたちにはその方法を

徹底的にたたき込むし、それをとことん悩んでくれてないと

本当に合格したとは言えない…。

私だってずっと赤点(‘◇’)ゞかも?

そんな向上心をもって最高のトリートメント集団に成長したいね♡

ココロに響くケアをしたいとマジで思っている人に

テゴコロにきて受けて欲しい☆

ほんとに一緒に悩むメンバーを増やしたいのです。

 

お問合せは☞こちら

 

 

 

 

0
0