2018-03-24
シニアの夢をかなえるカラダとココロの予防ケア
0
0

必ず失われていくカラダの機能

老化に伴うカラダの様々の機能の低下によって、シニアは、昔の様にはできなくなることが増えてきます。

今まで何の問題もなくできていたことができなくなることも…。

馴染みの店に行けなくなる。

愛犬と散歩に行けなくなる。

日常生活においても同様です。

トイレにいくことも、立ったまま歯磨きをすることも。

疾患によっては不可能になるのです。

カラダの機能の低下は、必ず生きる気力を喪失させる

シニアだけの問題ではないことですが…。

カラダの機能低下は強烈に精神的ダメージを及ぼします。

誰にでも感じることですね。10代だって感じてるそう(笑)

しかし、シニアの機能低下は、ダイレクトに生命維持活動に直結するのです。

90代の女性からこんな言葉。

「どうしてこんな年になっても生きてるのかしら…。」

何もできないのに。

家族にばかり迷惑かけるだけなのに。

ただのお荷物なのに。

思考はその場から離れません。堂々巡りをするのです。

シニアの思考は、変えることはできません。

私たちは、そんなとき何をすればいいのか。

でも、シニアの思考を変えようなんてと思ってはいけません。

しかし、生きる意力を与えることはできると考えているのです。

今できることを全身全霊をかけて応援すること

テゴコロにできることは、徹底的に応援することです。

それもしっかりと。

今の生活が、明日も変わらずできるように、徹底的に手を貸すことです。

一般的には、シニアケアというと、介護保険を思い浮かべると思いますが、

サービスの多様化が進む中、介護保険サービスは最低限のサービス内容と考えていただきたいと思います。

テゴコロ出張シニアケアは枠にとらわれません。

よくある質問。

介護保険は使えるんですか?

テゴコロの出張シニアケアサービスは全額自費のサービスです。

今までシニア業界でこんなことも言われてまいりました。

「もう年だから、そんなことしても意味がない。」

「下手に歩かれるようになったまた転ばれたらどうするんだ。」

「もう長くないから、必要ない」

老後、自分がその立場になったらあなたはどう思われますか?

そのように考えられる方にとってはテゴコロのサービスは必要ないでしょう。

あくまでもクライアント様との信頼関係の上、ご提供させていただくサービスです。

信頼関係が構築できない場合はサービスのご提供はできない場合もございます。

テゴコロは、シニアの可能性を信じ、いくつになっても夢を叶えることをあきらめないケアに専念することを決めました。

ご理解のある皆様にこのサービスを提供できればテゴコロは幸せだと考えています。

あなたの夢は何ですか?

シニアのケアに携わるにあたって、目標や夢をお伺いするようにしています。

「もう一度、コンビニに歩いていって、餃子を買って帰ってきたい。」

そんなささいなこと?と思わないでください。

私は、それを聞いた時、その方の夢を叶えられない日本の医療・介護界の在り方に疑問を持ちました。

まず夢を叶えるためには、

近くのお店までバギー等を使用し歩くための筋力の保持や、筋肉を保持するための機能訓練が必要となります。

しかし、それよりもっと必要なことがあるのです。

「意力」

歩こうと思う強い意力です。

自分らしく生きることをあきらめたくない方へ

機能低下を最小限にとどめるケアは、適切な回数が必要です。

適切な回数と専門性のあるセラピストのケアにより、何よりもココロのケアで可能性の幅を広げることができます。

ご家族のご要望、ご本人のご要望をじっくり伺い、テゴコロでお手伝いできることは決めてまいります。

例えば、ご本人は

「ずっと、この家で暮らしたい。」とのご希望があるとします。

でもご家族は、そんなこと言っても一人でいさせるのは心配です。

そのような場合は、

ファーストチョイスには、地域包括支援センターを通し、担当ケアマネージャーより介護保険サービスを利用することをお勧めします。地域社会との共存は不可欠です。

しかし、サービス内容には限界があります。

そして、担当のケアマネや地域性なども一律のケア提供は困難なのが実情です。

介護をされているご家族はそのことは何よりよくご存じだと思います。

セカンドチョイスには、次世代の出張シニアケアサービスをお試しください。

超高齢化社会を迎える日本。続々と新しいサービスが作られようとしています。

テゴコロもそのひとつです。

介護保険でケアできない部分のフォロー。そして介護保険サービス内容との併用でさらに、ご本人もご家族にも相乗効果がテゴコロのシニアケアでは期待できます。

テゴコロは、何よりも、その方の生き方を大切にいたします。

それはケアの基本と考えるからです。

お問合せはこちら

お問合せフォーム

転倒を予防するテゴコロ出張シニアケアサービス

 

 

 

 

 

 

 

 

0
0