2018-03-31
セラピストとして差別化できる資格をとることとは?
0
0

セラピストを狙うテキストビジネス

せっかくとったセラピストの資格が生かせない。

セラピストを取った後のアフターケアがない。

有償のケアにすることができずボランティアのままで終わっている。

資格とったけれど、よくある話です。

今回、ご相談を受けた方もそうでした。

テキストビジネスは、テキストを売ることが目的です。

売れてしまえばそれで良いのです。

買い手も肩書が一つ増えればそれでよい。

〇〇セラピスト。

〇〇スペシャリスト。

〇〇マスター。

でも、その資格を有効に生かすためには、大変な努力が必要となります。

ご本人の強い意志と経験値です。

お金で肩書を買ってみても中身が伴わなければ意味がありません。

テゴコロケアセラピストにもいろいろな方が今まで受講されました。

なんとなく資格をとっておきたいという方にはこちらからお断りすることもあります。

テゴコロケアセラピスト養成は、本格的に専門性を高めしっかり一人一人がセラピストとして自立していただきたいと考えています。

シニアのためにケアをしたい。

そんな意識が高い方だけが、セラピストとして成長していけます。

はじめはみなさん分からないことがあって当然です。

シニアケアは容易なケアではありません。ですが喜びも大きいのです。

その魅力がお分かりな方はきっと素敵なテゴコロケアセラピストになっていただけるのではないかと思っています。

専門知識を問われるシニアケア

元気でサロンに足を運んでくださる方に施術するケアとは異なり、シニアへのトリートメントは多くの点に留意する必要があります。

今日の状態が明日と違うことは当たり前なのが日常です。

多くのご病気をお持ちです。そしていろいろな症状が混在しています。

ですから、医療従事者やご家族との連携などが必要です。

セラピストとして知識が多いにこしたことはありません。

テゴコロのケアセラピストは、自宅学習が基本です。

資格保持まで早い方で3か月。遅い方でも6か月ほどかかっています。

その間、スクリーニング、デイサービスでの実習が入ります。

そして、卒業試験と口頭試問。

そしてやっと卒業となります。

テゴコロケアセラピストは卒業後のサポートが充実しています。

皆さん。このHP。川崎以外のセラピストもブログを書いているのにお気づきだと思います。

テゴコロのケアセラピスト卒業していただいた方には、このHPを窓口にご自身のセラピストとしての出発点にしていただけるのです。

シニアケアで感じていることや、こんな感動があった!こんな喜びがあった!などセラピストとしての喜びや苦悩を共有していただいています。

そして勉強会や情報の共有もしています。

メンバーシップを育みながら、シニアケアの最高峰を目指したいと思っています。

シニアケアにご興味がある方

民間資格がいかせないと思っている方。

是非テゴコロシニアに一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら

 

0
0