2018-09-11
テゴコロの介護予防的スキンケアとは
0
0

元気なシニア続発中!

医療技術の進化で疾患は探そうと思えば早期発見ができるようになりました。

おいくつになってもいきいきと素敵なシニアが増えつつあります。

最近の注目シニアは!

自撮りシニア!西本喜美子さん!(^^)!

通販生活の表紙を飾っておられました。

西本さんはどうしてあんなに好奇心に満ちておられるのでしょう。

元来のご性格なのかもしれませんし、何かの要因があったのかも。

今後、私たちは多くのお元気なシニアにお目にかかることも多いでしょう。

その方の人生を垣間見ることでシニア世代を生きぬく知恵を授かることができますね。

その気になるにはきっかけが大切

介護予防にはいろいろな手段がありますが。

意欲低下しやすいのがシニアです。

私たちシニア専門のケアセラピストは、そんな気持ちを軽くするケアを心がけていかなくてはいけません。

声かけ一つでもかわる。

ただ褒めればよい?

違います。

私たちより何倍も繊細かつ複雑なのがシニアのメンタル。

傾聴すること?

だけでは危険です。

そんなに人って単純ではありません。

特にシニアの経験値は、良い意味でも悪い意味でも計り知れないものです。

いつでも客観的に。

同情しすぎない。

いつも一定の緊張感をもつことです。

たった一つ大切なのは、

どんな状況においても、問題解決策を探ることです。

シニアの可能性は無限大

老化に伴う機能低下。それは私たちの関わりでゆるやかにすることができます。

カラダとココロを立て直すケア。

それが予防的スキンケア、ケアセラピーなのでしょう。

私がご訪問中の92歳の女性。

会話のなかで、彼女の本音を聞いたことがあります。

「やっぱり、一人がいいわぁ。」

ご訪問スケジュールは、2週に一度です。

家族はもしものことがあったらと心配なことだと思いますが…。

一人だからこそ。

失わないものがたくさんあります。

一人でいたいからこそ。

私は雇われています。

「先生が来てくださると、元気がでるの。」

ご訪問の際には、予防的スキンケア、トリートメント、手技療法等の後、ベッド上で簡単なストレッチなどもやることにしています。

かなり頑張っておられます。

徹底的に頑張っていただきます。

その関わりが大切なのです。

川崎さんに褒められたい!

イケてるっておもわれたい!

という承認欲求を満たすことが私の役割です。

それが、彼女のバイタリティーアップにつながります。

私が帰ったあと、ぐっすり休んでいただければ任務完了なのです。

最期まで自分らしい人生を

「あたしは人に世話になりたくない」

そういう方はたくさんおられます。

そのために、何が必要なのかをお伝えし背中をそっと支えながら、ちょっと押して差し上げるのが介護予防的スキンケアでしょうね…。

第11期生募集中

 

0
0