2018-09-25
第8期生Nさん。エステシャンから介護職としてケアセラピーの現場へ
0
0

第8期生のNさんのご紹介です。

人生を転換し、これほどキラキラされているメンバーはいないのではないかと思います(笑)

エステシャンからセラピストへ

私は、テゴコロケアセラピスト養成コースに出会う前はエステティシャン11年、セラピスト7年として過ごしてまいりました。
エステ時代は、技術でお客様がが変わっていくことが楽しかったのですが、いつしか売上だけにフォーカスされるようになり、原点に戻るため、技術がメインのセラピストへ転職をしました。

高齢者に特化した技術の習得

気がつくと祖母、父、母と住んでいる私は家族の平均年齢が65歳以上。

91歳になる祖母は、1人で巣鴨の刺抜き地蔵様へ行って帰ってくるぐらい元気な方ですが、いつ何が起こるかわからない状況になっていました。

セラピスト現場でも、お客様は高齢者が増え、働き盛りの方でも今から体のメンテナンスとしてくる方多い事を目の当たりにし、私自身の今後の方向性を模索することが多くなってきました。

そんな時、セラピストの同僚のfacebookの投稿が目にとまり、ケアセラピストの存在を知ったのです。

知りたい知識と技術がテゴコロにあった

まずはお話をお伺いにいったところ、私がまさに知りたかった転倒予防やシニア世代の皮膚についての勉強ができるとのことで、それまで悩んでいたのが嘘かと思うくらいに即その日にやると決めました。

仕事をしながらの受講は、正直戸惑いはありましたが、スクーリングに行く度に新たな発見が多く、自分が今後どうしたいのかということも川崎先生とお話をする事で明確になりスクーリングが終わるのが寂しかったくらいです。

デイでの実習は、実際に利用者様とトリートメントをさせていただくことで、自分の福祉の知識などが乏しくこれからもっと携わりたいという気持ちが大きくまりました。

現在は介護福祉士の資格取得も目指し、将来的にテゴコロケアセラピストとして包括的にお仕事ができるようデイサービスでお仕事をしています。

施設内でもケアセラピーの実践

施設では、ケアセラピーをこれから取り入れています。

まだ、日が浅いにも関わらず、効果を目の前で見ることができ、日々感動です!

ケアセラピーで日常生活に変容が現れる

あるご利用者様は、食べこぼしが多かったのが物にもよるのですがこぼさないようになってきたり、時々手が痛くてスタッフに甘えることがあるのですが、私の顔を見ると頑張る!というように変わり自分でなんとか頑張ると言う気持ちを持つようになられてきています。

ケアセラピーにより自立支援がスムーズに行われるようになりました。

また、心理的なケアとなっている方もおられます。

食べることを拒否されたり動くことを拒否される方にトリートメントをした事により表情が柔らかくなる事が見れることそれも1つの一歩だと思いますしこんなに楽しく刺激を受ける仕事ができる私は幸せです。

充実したアフターフォローで無理なく前進

まだまだ未知の世界だらけですが、つまずいたときにテゴコロのメンバーがすぐに手を差し伸べてくださる環境がある事で心強く、普段は個々で活動をしております。

勉強会やミーティングなど、皆さんキラキラしていて参加する事でよりパワーをもらえます。

必ず良い方向へ向くことができるので、これからもいろんなことに挑戦しながら進んでいきます。

 

テゴコロケアセラピスト第11期生募集中

0
0